Interview

先輩社員に聞く

[横浜ゴムMBジャパン]
栃木支店

先輩社員インタビュー | 2016年入社

横浜ゴムMBジャパン(株) 関東カンパニー 栃木支店
W先輩<駒澤大出身>

Q1:所属している支店の人員構成は?


支店長・営業2名・営業事務2名の5名体制になります。

Q2:栃木支店の特徴(地域性など)は?


本社にいた時は商社との取引が多かったのですが、それに比べ、飛躍的にユーザーと触れ合う機会が増えました。
主な訪問先は工場、プラントなどで、実際に現場を見て、困りごとに対し改善案を提案し、実際に注文を頂くということはとても大きなやりがいを感じています。
自分の力で取ってきた注文だと誇れる営業を目指し、日々努力しています。

Q3:どのような人が集まっている支店?


私以外は10年以上のベテランで、とても頼もしく勉強になる支店です。
困ったときや、分からないときはよくアドバイスを頂きますが、先輩方に頼りすぎず、自らの意思で行動できるよう心がけて日々の営業活動を行っています。

Q4:横浜ゴムMBジャパンに入社したきっかけは?


大学の就職支援センターで求人を見たのがきっかけです。
業界的に人のつながりが希薄な雰囲気を感じていましたが、会社説明会に参加した際に、人と人との関わりで営業を行っていくスタイルと聞き、自分に会っている雰囲気を感じ、エントリーしました。

Q5:入社から現在までの所属・職務経歴は?


4月に入社、4月3週目からOJTで関東カンパニーホース配管営業部に所属しました。
最初の1年間は主に代理店への営業を行い、商品に対する知識を取得することに尽力しました。
2年目からはユーザーなどの客先も増え、責任の大きな仕事を任せていただく機会が増えました。3年目に栃木支店に転勤になり今に至ります。
YMJ栃木支店②.jpg

Q6:仕事上で忘れられない印象的なエピソードは?


入社当初から担当をさせて頂いていた代理店様では、最初は頼りなかった私をやさしくも厳しく鍛えて頂き、
対等に会話出来るようになってからは一緒になってユーザーに営業をかけるなど、
協力し注文を増やすことが出来ました。
信頼のおけるパートナーのような関係になることができ、転勤する際には送別会を開いていただきとても嬉しかったです。

Q7:仕事を通じて自分が成長したなと感じることは?


入社して間もないころは、お客様の問い合わせにすぐに答えられず、カタログ等を確認してからの回答となっていましたが、最近は話の流れで回答できるようになってきました。
それに伴いお客様からの評価もいただき、信頼してもらえるようになって、困りごとを相談いただく機会も増えてきたように感じます。
そうなると営業のチャンスが増えてくるので、成長した部分だと思います。

Q8:横浜ゴムMBジャパンの社風・魅力は?


上場企業の子会社ということもあり、安心して働ける環境が魅力です。
家賃補助が充実していることや、女性の産休育休の取得率を見ると、福利厚生は他社に比べても自慢できるポイントではないかと思います。

Q9:横浜ゴムMBジャパンの強みは?


YOKOHAMAという名前のブランド力は強みだと感じています。
新規のお客様を訪問する際も、ほとんどの方が横浜ゴムの名前を知っているので、
話のきっかけを作りやすいです。
弱みは、新製品等の開発が少ないと感じています。
営業としては、自社品に他社品を組み合わせる形で付加価値を創造し、拡販を行っています。

Q10:休日の過ごし方は?


夏はキャンプや音楽フェス、冬はスノーボードなど、季節ごとの娯楽を楽しむことが好きです。
地元の友人と出かけることが多いですが、会社の若手で遊びに行くこともありますし、年に1回はホース配管時代より親しくして頂いているお客様と一緒に泊り込みでスノーボードに行っています。

Q11:どういう後輩と一緒に働きたい?


素直な人と一緒に働きたいです。
この業界においては、新入社員は知識的にも全くの0からのスタートになることが多いと思います。
知識や経験などを積み重ねて対等にお客様と話せるようになるまで、色々な方々の話やアドバイスを聞き、自分の力にしていくことがとても大事になるので、素直に人の話を聞いて吸収できる方がいいと思います。

この業界では、人と人との繋がりがとても大事です。
学生の間に色々な経験をすることにより、魅力的な人になれば仕事にも活きてくるので、精一杯学んで遊んで、弊社に入社したあかつきには魅力全開で頑張って欲しいと思います。

PAGE
TOP